実践英作文演習:通訳案内士の通信教育講座(CEL)受講体験記

▼アルクの「通訳トレーニング入門」▼



プロ通訳者のトレーニング法で学ぶ 通訳トレーニング入門




実践英作文演習

実践英作文というコーナーがあります。

このコーナーは英作文を作ると言う意味では前回の日本事情関連英作文と同じく英文を作っていくコーナーです。


でもこの実践英作文演習と言うコーナーは通訳案内士試験本試験で出題される英作文を想定してのコーナーです。

このCELの通訳案内士養成講座の実践英作文のコーナーは実際に通訳案内士本試験に出題される問題形式に近い形の問題が出題されます。

それだけこのコーナーは実際に本試験のためになる問題です。


また、このコーナーには副読本が配布されます。そのためこの副読本を併用してこのコーナーのためにすることができます。

基本的に前回の日本事情関連英作文と傾向と対策は同じです。つまり日本の事情をなんども繰り返して学習していくのが対策になります。

ここで先ほどのガイドブックを何度も繰り返して読み込みましょう。


後述になりますが、この英作文演習の基本ガイドブックは日本に特有のあらゆる事象(例えば"日本における神道と仏教の違い"などが代表例です)が掲載されています。

そのため英作文対策を立てるにあたりこの基本ガイドブックを読み込んで暗記するだけで十分に通訳案内士本試験の英作文問題の対策になります。


実践英作文演習は何度も練習することが大切です。英作文は何度も練習して推敲して熟していくほどに実際に英語を作るちからはついてきます。

何度も何度もこの問題をこのコーナーの予習では解く機会があるので、英作文を作る機会がないのではないかと心配している方は心配する必要はないです。

この、実践英作文演習のコーナーの問題を使用して通訳案内士本試験の英作文対策を立てていきましょう。

授業内容



>>通訳・通訳ガイドの講座・スクールを探す



割引価格で購入する

通訳トレーニング入門 」が
割引価格(10%引き)
購入出来ます!

>>詳細はこちら

プロフィール

翻訳士を目指す過程で、同時に通訳案内士の資格取得も目指しています。

英語の他にも、フランス語3級合格、スペイン語4級合格もしております。

スクール講座で資格取得を目指す方は多いですが、通訳ガイドを目指すなら、当サイトで述べるCELの他にも色々在ります。

ハロー通訳アカデミーや大阪外語専門学校(OCFL)などの大手のほか、サイマルアカデミーやシー・コミュニケーションズなども通信教育講座を開講しているようです。

観光ガイド

サブコンテンツ

サイトマップ