ハロー通訳ガイド日本事象300テキスト&CD:通訳案内士の通信教育講座(CEL)受講体験記

▼アルクの「通訳トレーニング入門」▼



プロ通訳者のトレーニング法で学ぶ 通訳トレーニング入門




ハロー通訳ガイド日本事象300テキスト&CD

これは他の通訳案内士養成講座開講校になりますが、ハロー通訳アカデミーという学校があります。

このハローから出版されているテキストに『ハロー通訳ガイド日本事象300』というテキストとCDがあります。


この、ハロー通訳ガイド日本事象300というテキストには日本の事象が掲載されています。

この書籍の中に日本の観光地を紹介するコーナーがあります。このコーナーでは日本各地の観光地が紹介されています。

例えば日光から始まって、熱海、箱根、鎌倉から京都・奈良と様々な観光地が紹介されています。


この各地観光地の特徴を英語で説明してあります。

この各地観光地を英語で覚えておくと実際の通訳案内士試験ではそれほど役に立たないかもしれませんが、実際に通訳案内士になってからは日本にいらした外国人に日本の各観光地に案内するときに役に立ちます。

またこのテキストには付属のCDが付いているためにこの付属CDを使用すればこれらの掲載されている英文を耳からも覚えておくことができます。そのためにこの付属CDは付いているのです。


このハロー通訳ガイド日本事象300のテキスト&CDはハロー通訳学校の市販のテキストです。

そのためこのテキストはハロー通訳学校のホームページなどを通じて購入することができます。


このテキストはCELの学校とは別の学校のものですが別の学校のものでも良いものはぜひ取り入れて学習をしていきましょう。

別の学校の参考書も併せて活用すれば一つの物事を別の視点でみることができるようになります。

このハロー通訳ガイド日本事象300を有効活用して是非別の視点から通訳案内士試験対策を立てたいものです。

参考書



>>通訳・通訳ガイドの講座・スクールを探す



割引価格で購入する

通訳トレーニング入門 」が
割引価格(10%引き)
購入出来ます!

>>詳細はこちら

プロフィール

翻訳士を目指す過程で、同時に通訳案内士の資格取得も目指しています。

英語の他にも、フランス語3級合格、スペイン語4級合格もしております。

スクール講座で資格取得を目指す方は多いですが、通訳ガイドを目指すなら、当サイトで述べるCELの他にも色々在ります。

ハロー通訳アカデミーや大阪外語専門学校(OCFL)などの大手のほか、サイマルアカデミーやシー・コミュニケーションズなども通信教育講座を開講しているようです。

観光ガイド

サブコンテンツ

サイトマップ