英語で紹介する日本(ナツメ社):通訳案内士の通信教育講座(CEL)受講体験記

▼アルクの「通訳トレーニング入門」▼



プロ通訳者のトレーニング法で学ぶ 通訳トレーニング入門




英語で紹介する日本(ナツメ社)

この書籍には大変お世話になりました。

この『英語で紹介する日本』は日本の事象を英語で説明してあるのですが、例を挙げると例えば"お寿司"を紹介しているコーナーがあります。

このコーナーはお寿司を英語で紹介しているのですが、例えばお寿司の様々なネタが英語で説明されています。


有名どころではアナゴは"conger eel"でありまたマグロは"tuna"ですがそれではみなさんは例えば赤貝のことは英語で何というか知っていますか?(正解はark shell)

また、かつおは"bonito"ですがそれでは鯛のことは英語で何と言うか知っていますか?(正解はsea bream)

このようにお寿司のネタ一つとってもお寿司には様々なネタがありその様々なネタにはそれぞれ英語の対訳が載っているのです。

このようにこの『英語で紹介する日本』には通訳案内士の単語回答コーナーや実際に日本事情英作文で出題が予想される様々な日本事情が掲載されています。


また、ものに限らず、たとえばこの本には神社の参拝の仕方が英語で掲載されていたりします。

そのため実際に通訳案内士になってからも外国人に対して日本の事象を説明するのに役に立つことが多く掲載されています。

そのためこの本はずっと所有しておいて活用できる書籍であるといえると思います。


この書籍はまた具体的にそれらの事象が説明されています。そのためとあるものを英語で覚えるのに役に立ちます。

例えばはしのことを"chopsticks"というのは有名ですがそれでは下駄のことを英語で何と言うかご存知ですか(正解はclogs)。

またちょうちんのことは何と言うかご存知ですか?(正解はlantern)

このように様々な日本のものを具体的に覚えることができる点でこの書籍は役に立ちます。


この『英語で紹介する日本』は日本の事象を具体的に、もっといえば日本のものを英語で何と言うか知るのに役に立ちます。

この書籍から日本のものの対訳を覚えて実際の通訳案内士試験に出題される英単語問題やさらには日本事象英作文対策を立てていきましょう。

参考書



>>通訳・通訳ガイドの講座・スクールを探す



割引価格で購入する

通訳トレーニング入門 」が
割引価格(10%引き)
購入出来ます!

>>詳細はこちら

プロフィール

翻訳士を目指す過程で、同時に通訳案内士の資格取得も目指しています。

英語の他にも、フランス語3級合格、スペイン語4級合格もしております。

スクール講座で資格取得を目指す方は多いですが、通訳ガイドを目指すなら、当サイトで述べるCELの他にも色々在ります。

ハロー通訳アカデミーや大阪外語専門学校(OCFL)などの大手のほか、サイマルアカデミーやシー・コミュニケーションズなども通信教育講座を開講しているようです。

観光ガイド

サブコンテンツ

サイトマップ