日本史試験合格に役に立ったこと:通訳案内士の通信教育講座(CEL)受講体験記

▼アルクの「通訳トレーニング入門」▼



プロ通訳者のトレーニング法で学ぶ 通訳トレーニング入門




日本史試験合格に役に立ったこと

通訳案内士試験1次試験日本史試験合格に役に立ったことは何だっただろうかと振り返ってみると私はまずは大学入試のために勉強した日本史の学習が役に立ったと言えます。


大学入学試験を受験するにあたって私は日本史を選択したのですが私はそこで日本史の併用ノートを作成したりしました。

そのノートには私は日本史資料集から切り取った各仏像や建造物の写真などを貼ったりしていました。

その時に覚えた資料などをまだ覚えていてその覚えていたことのなかから私は通訳案内士試験本試験日本史試験にて活用することができるようになりました。


そして私は写真問題などにも解答することができて日本史試験に合格することができました。

通訳案内士試験の日本史試験に合格したのは私個人の体験を述べさせていただくと私は大学入試試験の日本史試験でほぼまかなったと言えます。

その他は普段から日本史の資料集や日本史百科事典を興味を持って眺めていたくらいですかね。


しかし何といっても大学入学試験のための日本史学習が役に立った第一の媒体ですかね。

その学習は基本は高校時代の2年間の日本史の学習と大学浪人時代の予備校での日本史の授業です。

これらの授業や講義などを活用して私は通訳案内士試験1次試験日本史試験に合格しました。


その中でも私は大学浪人時代に日本史の授業とともに大量の問題集を解いたのもあとあと自分のためになったような気がします。

その時にいろいろ今まで自分が知らなかったことをこまめにメモノートにまとめていったのが後々役に立ったようです。

CELの通訳案内士養成講座では日本史の授業が役に立ちそうですね。

このCELの通訳案内士養成講座を活用するのもいい手段だと思います。

本試験受験



>>通訳・通訳ガイドの講座・スクールを探す



割引価格で購入する

通訳トレーニング入門 」が
割引価格(10%引き)
購入出来ます!

>>詳細はこちら

プロフィール

翻訳士を目指す過程で、同時に通訳案内士の資格取得も目指しています。

英語の他にも、フランス語3級合格、スペイン語4級合格もしております。

スクール講座で資格取得を目指す方は多いですが、通訳ガイドを目指すなら、当サイトで述べるCELの他にも色々在ります。

ハロー通訳アカデミーや大阪外語専門学校(OCFL)などの大手のほか、サイマルアカデミーやシー・コミュニケーションズなども通信教育講座を開講しているようです。

観光ガイド

サブコンテンツ

サイトマップ