日本地理試験の合格に役立ったこと:通訳案内士の通信教育講座(CEL)受講体験記

▼アルクの「通訳トレーニング入門」▼



プロ通訳者のトレーニング法で学ぶ 通訳トレーニング入門




日本地理試験の合格に役立ったこと

通訳案内士試験1次試験の日本地理試験合格に役に立ったこととしてまず挙げられるのは中学時代までのごく一般的な日本地理の授業です。

中学時代の地理の知識だけで現在の通訳案内士試験地理試験のほとんどをまかなってしまえます。

それだけ日本地理試験における中学校の地理や社会科の授業の知識は役に立つのです。


通訳案内士試験の日本地理試験は社会科の一般的な知識だけで十分合格可能な試験です。

事実私も中学時代の地理の知識と高校以降の一般的な社会科の知識だけで一度でなんとか通訳案内士試験日本地理試験に合格することができました。

このように通訳案内士試験1次試験日本地理試験に合格するためには私は中学校と高校時代の現代社会の知識だけで十分役立ったと思います。


あと通訳案内士試験の日本地理試験に役に立ったことは、普段からニュースなどで日本各地の地名が出てきてその地名を知らないときに母に「○×市ってどこにあるの?」などと質問し、母からその地名の市のある県を聞いてその県についてインターネットで調べたりしていました。

その際インターネットは重宝しましたね。インターネットで各地の情報を得たりすることが多かったような気がします。

このように普段からテレビなどで日本各地の例えばお祭りなどに興味をもってそのお祭りがたとえばどのようなお祭りであるのか調べたりしていたのが通訳案内士試験日本地理試験合格につながったものと思います。


CELの通訳案内士養成講座でも日本地理試験対策講座が開講されています。

日本地理を今まであまり学習してこなかったかたはこの講座を受講するのもいいと思います。


今まで述べてきたように日本地理試験合格は様々な方法で合格可能です。

みなさんも自分なりの学習方法を確立して通訳案内士試験日本地理試験に合格していきましょう。

本試験受験



>>通訳・通訳ガイドの講座・スクールを探す



割引価格で購入する

通訳トレーニング入門 」が
割引価格(10%引き)
購入出来ます!

>>詳細はこちら

プロフィール

翻訳士を目指す過程で、同時に通訳案内士の資格取得も目指しています。

英語の他にも、フランス語3級合格、スペイン語4級合格もしております。

スクール講座で資格取得を目指す方は多いですが、通訳ガイドを目指すなら、当サイトで述べるCELの他にも色々在ります。

ハロー通訳アカデミーや大阪外語専門学校(OCFL)などの大手のほか、サイマルアカデミーやシー・コミュニケーションズなども通信教育講座を開講しているようです。

観光ガイド

サブコンテンツ

サイトマップ